クスクスの子供映画鑑賞日記

『クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』感想

あらすじ:

しんのすけととーちゃんがメカ物映画を鑑賞した帰り道

 

 ひろし「合体は燃えるな〜」
 しんのすけ「オラも合体したい!」
 ひろし「よ〜し」

 

としんのすけを高々と抱え上げ(何ならちょっと投げ上げて)、肩車へ…、(とここの描写、親目線で言うとひろしすごいな〜って感心しちゃいます。しんのすけは5歳の設定ですからもはや相当重たいはずなんですよ。私なんて抱っこももうしんどいくらいですから^^;)おぉ〜〜と思ってみてると、腰がグキッ!!!と。(私も腰痛持ちなのでお話とは言えひえっ!と声が上がり顔をしかめてしまいました。)

 

腰をやってしまったひろしは、傘を杖にして病院へ行きますが休診…、家までの帰路の公園で一休み、していると休日の公園には家に居場所のないお父さんばかり、どんよりしています。

 

そこへ、ヤンママ的な赤ちゃん連れママと犬のお散歩おばさん、子ども二人連れお母さんの3人組がやってきて、「公園でたばこを吸うなんて非常識!公園は子どもたちが主役でしょ!」的なことを強く主張し、お父さんたちは追い散らされてしまいます。

 

ひろしも例外ではなく、しんのすけを連れてすごすご公園から退却、したところを、セクシー巨乳なお姉さんにアンケートへの協力を求められ、その後「ビューティーダディ」というエステの無料モニタに勧誘され、気持ちよく眠らされ、ロボに改造?!されてしまい…

 


クスクス評価:☆☆☆☆★ 子供反応:☆☆☆☆★


 

感想(ネタバレ含みます):

レギュラー放送のクレヨンしんちゃんでよくCMが入るので、子供たちがそれを見るたび観たい観たいと言っていたこの作品、レンタル開始後早々に借りて観ました。

 

ひろしの健気さに涙する作品です。クレヨンしんちゃんって、子供が出来てから見ると見方が変わる作品ベスト3に入るんじゃないかと思うんですけど、みなさんいかがですか?

 

しんのすけのお下品な感じも、実際に自分の子供がいてみると笑っちゃうし、可愛く思えるんですよね。そして、子どもたちはしんのすけのお下品行動に大喜び。みさえのことを「けつでかおばば」と呼ぶたびに大爆笑でしたしね。

 

そんな子供たちが、ロボとーちゃんがヒゲを付けて頑固おやじモードに変身したときは、どん引きで「なんか敵みたいになっちゃったなー」って言ってました。ロボとーちゃん救出あたりのしんのすけの活躍もよかったし、ピーマンの伏線もよく活きててホロリとさせます。

 

結局のところ春日部署の署長が黒幕で、しかも、若そうに見えるのにあんなに大きな娘さんにも虐げられていたとは意外性アリでしたが、オチが五木ひろしさんな辺りは…どうなのかな〜、と思っちゃいました。子どもたちには五木ひろし本人がわからない上に、その物まねで有名なコロッケさんもわからないので、????だったかな〜と。(しかもそのくだりが意外と長い)

 

 

ラストシーンはきれいな夕日がバックになっていて、もう動かなくなってしまったロボとーちゃんとしんのすけのシルエット…泣かせます。

 

クレヨンしんちゃん映画は、なかなか意味不明な部分もあるんですが、意外と感動的で家族のきずなの大切さを伝えてくれます。おススメです。

page top